髪や地肌にストレスを与えない美しさを引き出すセルフほぐし

ストレス解消サプリサイト 

ストレスがみるみる解消するコツを集めました。現在のストレス社会の中でこのサイトがあなたのサプリメントになれば幸いです。

サイトマップ

爪もみ

指先というのは「動静脈吻合」という、動脈を流れてきた血液が静脈へと変わる血液循環の折り返し地点なのです。



それぞれの指先、つまり爪の生えぎわを親指と人さし指で上下にはさんでギュッと10〜20秒ほど強めに圧迫すると、動脈から流れてきた血液が静脈へと行く力が強くなるのです。

この「圧迫=爪もみ」によって、心臓から肝臓へ老廃物を運んできた血液が行き浄化されるので、一種の毒出し効果があるといえます。

心身のさまざまな症状が、この毒出し効果によって改善されるわけです。

さて、5本の指はそれぞれ五臓六腑と関わりがあると東洋医学では考えられています。

昔から、鍼灸のツボとして爪の生え際は用いられてきました。

爪もみは、自分の指を鍼のかわりにして、爪の生え際のツボを刺激する方法で、刺激の強さによって効果もコントロールする事ができるのです。

なかでも、自律神経のバランスに直接関わるとされる薬指は、体内の水をコントロールする役割を果たすと考えられています。

そのため、薬指の先を少し強めにもむと、発汗が促され交感神経と副交感神経の両方が刺激されたのがわかります。

また、ストレスによっておこった便秘にも改善の効果が期待できます。

ほかの4本の指先も、解毒や異物排除をおこなう免疫細菌の働きを、強くもむことで高められる効果があります。

親指は呼吸器系と関わりがあり、強く刺激することにより肺細胞を活性化させ、肺に進入してきた細菌を撃退してくれます。

風邪などによる、のどの痛みを緩和する効果もあります。

各指の刺激による効果はさまざまで、人さし指はアレルギー症状の緩和に、中指は肝機能の向上、小指は肥満防止に有効なのです。

各指の刺激とその効果については、下記参照のうえ、爪もみをおこなう際の参考にして下さい。

少し強めにもむのが、交感神経をほどよく刺激するためのコツになります。

しかし、体力が弱っている人などは弱めにもむようにし、痛みが残るほど力強くもむのにも注意し、もむ力を加減してくだい。


爪もみの基本のやり方

親指

肺などの呼吸器とつながっている「普通の刺激」せき、ゼンソク、アトピー性皮膚炎、リウマチ、円形脱毛症などが改善「強めの刺激」ウイルスの肺への侵入を防ぐ杯細胞、のどの痛みをやわらげる樹状細胞が活性化

人さし指

胃や腸などの消化器官とつながっている「普通の刺激」胃痛、便秘、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、潰瘍性大腸炎などが改善「強めの刺激」小腸のバイエル板(免疫組織)が活性化

中指

肝臓とつながっている「普通の刺激」めまい、耳鳴り、難聴などか改善「強めの刺激」体内で発生するアンモニアなどの毒素を分解するクッパー細胞が活性化。アルコール分解を促進

薬指

自律神経に直接つながっている「普通の刺激」交感神経と副交感神経のバランスを調節「強めの刺激」発汗を促進、ストレスによる便秘をやわらげる

小指

心臓や腎臓などとつながっている「普通の刺激」うつ、自律神経失調症、低血圧、高血圧、動悸、肩こり、腰痛、月経痛、肝臓病、腎臓病、頻尿、不眠、疲れ目、物忘れ、肥満

「強めの刺激」

肥満のもととなる脂肪細胞を食べる褐色細胞が活性

[普通の刺激]

爪の生え際部分を、人さし指と親ゆびではさみ、10秒間刺激。

目安は洗濯ばさみで軽くはさんだような、気持ちのよい痛さ

[強めの刺激]

爪の生え際をもう一方の手の親ゆびで上からギュッと押す。

目安はあとに痛みが残らない強さで10〜20秒

[プラス効果のやり方]

@腹式呼吸をプラス

おなかをふくらませながら鼻から息を吸ったあと、口から吐く前に「普通の刺激」をおこなうとリラックス効果で免疫力アップ

A足の爪もみ

冷え性や不眠の改善に効果的。入浴中におこなうと効果倍増

B指回しをプラス

指の根元からくるくると回しながら、少し強めに爪をもむと、交感神経への刺激が高まり、うつやアレルギーを改善

プロのカウンセラーが伝える ストレス解消プログラム
現代はストレス社会
ストレスはこうして引き起こされる
心にあいた大きな穴がストレス
環境の変化がストレス
社会とのつながりがストレス
飲酒でストレス解消?
職場はストレス要因の温床
痩せたい願望からの摂食障害
女性最大のストレス更年期障害
自立神経失調症
ストレスの蓄積・打撃でうつ病に
ストレスが引き起こす心身症
ストレスに強い人弱い人
専門家の力でストレスケア
イメトレでストレスに強くなる
自己分析でストレス軽減
プラス思考で発想転換
体もできることもひとつと割り切る
心と体をゆるめる時間をもとう
笑いはストレス解消の特効薬
自律訓練法
ナツメの漢方作用でイライラ解消
黒豆ごはんで不快症状を解消
五穀ひじきでストレスに強く
しそキムチでリラックスと代謝促進
生姜キムチで血のめぐりをよくする
キムチごま豆腐が更年期のホルモンバランスを整える
しいたけふりかけが血圧を下げる
プルーンで倦怠感を撃退
精がつくはちみつにんにく
慢性疲労に効果的なにんにく大葉味噌
ストレスに強い脳をつくるゆで卵の酢漬け
腹式呼吸で免疫力アップ
丹田呼吸法でセロトニン神経を鍛える
自立神経の働きを整えるへそ呼吸と寝たまま呼吸
ストレス諸症状を緩和する免疫力アップ呼吸
振り返り呼吸で気の流れをスムーズに
深呼吸とため息
眠りのサイクルを知る
不眠度テスト
不眠症のタイプ
15分寝
特性ナイトキャップ
快眠のルール
牛乳風呂でリラックス+キレイ
半身浴で老廃物と疲労物質を排出
疲労回復の足湯
カンタン手作り入浴剤
西洋オトギリソウでうつ状態や自律神経の乱れを改善
アロマテラピー基礎知識
エッセンシャルオイルでリラックス
エッセンシャルオイルの活用法
ストレス、うつ気分、イライラなど症状別香りの処方箋
週1回の早起きで自律神経を整える
ロウソクの炎のゆらぎ
塩ブラジャー
うなじタオル
耳ツボ刺激
ツボタッピング
爪もみ
指先刺激と足の裏刺激
アキレス腱もみ
足裏トンカチ
おなかほぐし
ウォーキング
足首ゆらゆら
円歩き
簡単ストレッチ
割り箸リラックス
割り箸かみ
噛みあわせの調整
ツボ押しカミカミ
口あけ体操
ココアでストレス解消とピロリ菌撃退
ストレスをやわらげる生姜ミルク
はちみつ生姜酒で鎮静作用と血行促進効果
抗うつ抗ストレスのラフマ茶
ヒマラヤ紅茶でイライラをしずめる
葛紅茶でストレス食いをストップ
リラックスと快眠の蓮のお茶
ストレスを癒すローズウォーター
心の不調を取り除くフラワーエッセンス
ストレス社会を生きる知恵
リンク集
こころと体の疲れが取れる!!みるみるストレスが解消する、簡単!!健康法
ストレスを管理する
「ストレスから解放されるために」

20歳の専門学生がネットで毎月10万円稼いでいる方法
住宅ローン 金利 計算方法







ストレス解消サプリサイト All copyrights 2011 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。